補足 わたしの歴代ボーカロイドオリジナルソングお気に入りランキング 

ベスト3に行く前に補足です
長いです

わたしは曲を聞くときにはマイリスト数で結構判断してます
そっちの方がなんか信憑性ありそうで
なので再生数とかコメントの数はあまり見てなかったり
検索する時も常にマイリスト数が多い順


ボカロソング聞くときは、ほとんど原曲じゃなくて歌ってみたで聞いてます
歌ってみたというのはニコニコ動画で素人が歌ってみた動画のジャンルです
なので歌い手に好かれてる曲かどうかもかなり重要
いい曲だけどあんまり歌われて無いとかたまにあります
動画によっては男性、女性で偏ったりするのでその辺も面白いですね
歌い手は歌が上手い人、MIXが上手い人、表現が上手い人、声がいい人、自分の世界を作れる人、色々います
あとボーカロイドの動画には非常に大事な要素である調教度
これはボーカロイドにいかに機械さをなくして自然に歌わせられるor喋らせるかのポイントになってます
わたしは本家をあまり聞かないことが多いので、調教度がどうなのか知らなかったりします
曲によっては聞くし、なんだかんだで聞くこともあるのである程度自然か自然じゃないかくらいは分かりますが


ちなみにボーカロイドはいっぱい種類があります
そもそもVOCALOIDというのはヤマハの音声合成ソフトウェアの総称で、初音ミク等はVOCALOID2から作られていたのでそう呼ばれてただけなのです
他にUTAUというフリーウェアもありますが、いつの間にかそれらもボーカロイドと呼ばれるようになって、ボーカロイドという単語はもう音声合成システム全てを含める意味合いになってる気がします
なんて、あんま知らないけど多分そう
でもUTAU関連の動画はそれ関係で不幸な目に合うこともあるみたいですね
一番有名だと思われる初音ミクが出た当初は、表立ったボカロはKAITOとMEIKOぐらいだったと思います
それでもずっと知名度は低かった
今ではミクと同じ開発元であるクリプトンから鏡音リン、鏡音レン、巡音ルカが出てますし
インターネット社から出ている神威がくぽやLily、特にGUMIなども有名
インターネット社は一度出したボカロをVOCALOID3でリメイクして出してたりします
クリプトンはKAITOだけかな?
UTAUから作られた中で一番有名なのは重音テトだと思います
出てるの全部入れると100人なんて軽く超えてます
数える気にもなりません
というかUTAU派生のが多すぎる
なんでわたしはこんな細かいことまで語ってるんだ

ソフトによって特徴が違うのは当たり前ですが、作りやすさ、聞きやすさも違うみたいです
作ったこと無いのであんまり詳しく知りませんが、リンレンは難しい、GUMIは優秀、くらいは分かりました
GUMIあんま好きじゃなかったのに今じゃかなり好きですね
ミクが一番で次点でGUMIって感じ


それから紹介文の時によく作り手がどうのって書いてますが、わたしは作者名じゃ曲は好きにならないです
元々作者は気にしない方だったので、そんなに詳しくないですし
この作者気に入ったから全部聞くんだ!なんて意欲はあんまり沸かないです
わたしの大好きな漫画に置き換えると確かに気に入った作品は作者の他の作品を見たりしますが、やっぱりわたしは作者というよりいかにその作品自体がわたし好みであるかがポイントなので、好きな漫画TOP10を纏めるとしたら作者はばらばらになると思います
それに曲はわたし一回聞いただけじゃ本当にいい曲かどうか判断出来ないようなので、時間かかる作業は手が伸びにくくなります
作り手の名前を覚え始めたのは、他の人の会話とか、まぁ従妹が大体の原因ですね

あと紹介文でよくカラオケの単語が出てきますが、いつの間にかカラオケ好きになってしまったわたしはカラオケで歌ってみてどうかってポイントを結構重要視してます
4位の天ノ弱なんてかなり気持ちいいです
でもやはり期間的にも回数的にもずっと長く聞いていて、心地良い曲、ノれる曲、要するに苦じゃない程度は凄く大事だと思います
視覚や味覚もそう
瞬間的に大好きなものより永続的に好きなものが本当に好きなものだと思います
まぁカラオケ要素も入ってることは間違いないけど
まだ紹介してませんが、3位の曲なんてカラオケで凄い歌いにくい
でも大好き
ちなみに歌うの好きだからって上手いわけじゃないので勘違いをしないように


長文すみません
[ 2013/07/01 02:07 ] 紹介 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://elemeena.blog39.fc2.com/tb.php/632-670f28f6