スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

だらだらと毎度のように 

期待や希望はわたしにとって無意識にしてしまうもので
それは気をつけていてもそのレベルになっていて
ふと気が付くといつも期待してしまっているわたしがいる
それは大きなことから小さなことまで様々にあるけれど
これだけわたしの内なる衝動と付き合ってきたにも関わらず
未だに制御出来ていないこの現状は
わたしが未熟すぎるせいなのか
それとも心の奥底から変えようと思っていないのか
環境がそれを良しとしているのか
問題は状況が悪化した時にも期待を捨てられていないことにある
こう切り出すとまた別の見方がある
なんでわたしはこんなことを語っているんだろう
まぁ、要するに気持ちの切り替えが出来ない
というか非常に遅いのだと思う
絶望したくないから期待や希望に縋り付いているのだろうか
強いショックを受けて別の角度から考え直せばコロっと気持ちが変わったりもするのだけれど
それはいわゆる問題を真正面からぶつかった時の話であって
またちょっと違う角度からだとまたややこしい
わたしはわたしが嫌いだけど
わたしは好きだ
自分が嫌いな人と自分が好きな人は一体どんな差が生まれるのだろう
[ 2013/06/07 18:33 ] | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://elemeena.blog39.fc2.com/tb.php/618-225b7f71


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。