スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

期待という言葉 

わたしの人生のテーマ・・・
そんな壮大的なものじゃないか
わたしが生きる上で考え、付き合っていかなくちゃいけない言葉がある
その内の一つが「期待」という言葉
ブログでも何度か触れてるかも
期待というシリーズ

わたしはネットを始めた辺りから自分のことを深く知るようになり
そして期待という感情に踊らされたり苦悩したり諦めたりもした
それは終わるわけもなく、きっと死ぬまで付きまとう問題なのでしょう

正直わたしは期待することによるデメリットが大きすぎて、メリットと言われると首を捻ってしまう
しかし稀に人に聞くと、期待することは悪いことじゃないという意見が出る
結構自分のことを、恥ずかしい部分も良くない部分も、心に入り込んだ部分も言ってしまうわたしだけど
期待という言葉に対して、まだ考えが足りないという感覚があるし、あんまり調べてもいないから人に聞くことは少なかったりする
ただ自分を抑えることに頭を使っていたりするせいなのかもしれない

期待することは悪いことなのか
期待という感情に悩まされてきたわたしが、それでも踏ん切り付かないのははっきりと言えないけど
あえて今、一つ言うなら、それが人との繋がりを保てる要素の一つなのだと思う
期待しすぎるのは良くない
こう言えば、少なくてもわたしの中では大変満足する結論である
過度な期待をして良かった試しが無い
わたしが自然と期待しすぎるのかどうなのかも分からないけど、これはわたしの問題だ
昔からの結論として、なるべく期待をしないように振舞うということを念頭に置くのが目指すところになった

そしてそれは一つの小説を読んだあと、その考えを強く思った
あんまりネタバレになっても困るので、詳しい内容は言えないけど
主人公は友達にも両親にも愛されず、孤独を生きる感情を身に付け、特にこれといった欲望もなく、岩の下に生きる虫のような誰にも知られない存在で
それでも一つだけ、とある人と一緒にコーヒーが飲みたかった
それも最初はそのつもりも無かったし、思っても口に出すことも態度に出すこともない
作中では色んなことが起こるけど、最後は一般的に見たら決して幸せな結末ではないのだと思う
でもわたしは主人公は幸せだったと思う
良かったなぁとしみじみ思えた
外見や態度も人から好かれるような人間じゃないんだろうけど、そんな主人公に好感が持てた

でもわたしにはその主人公とは違って色んな欲望がある
欲求に振り回される
人に嫌われたくないという感情と、欲望にまみれた期待に、ずっと板ばさみされながら
今日も苦悩する
[ 2012/12/10 16:13 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://elemeena.blog39.fc2.com/tb.php/605-12c1f36e


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。