スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

自己嫌悪の期間 

人生には自己嫌悪の時間は必要なのだろうか


時間というより期間か

わたしはなるべく後悔しないような行動を取っているつもりではいるけども
結局つもりなだけであって、先も分かるわけもなく
つまりは何かをやらかして自己嫌悪に陥る期間が存在する
そのほとんどは周囲に分からない程度の失敗だけども
わたしからしてみたら後悔の念が消えないような、いやだからこそ自己嫌悪の期間というものが存在する

一応反省しているつもりではあるから、その自己嫌悪の時間は自分を見つめなおすのに大事だと思っている
でもそれはわたしの世界だから、自分で勝手にそう思ってるだけ
わたし的には自己嫌悪はいいと思っているけれども、いらないかもという考えは今まで無かったので新鮮だった

基本わたしは、他人からわたしは好かれるのか疑問に思うけれども、わたしから見たわたしは好きだ
ダメな点を自分で分かっていながら好きなんだろうけど、ダメな点はやはりダメな点である
自分を変えるのはかなり大変なことで、ふと思ったから変わるなんてことは無いと思う
自分の本能というか、心の奥底というか、深い部分で感覚的に分からないとまずダメな気がする
基本的には自分を見つめなおし、ずっと考えて、理解して、本気でそうなんだと思ったところが自分を変える入り口なんだと思う
ということからわたし的には自己嫌悪の期間は嫌だけど、自分を変える促進になると思うし
そこまでやってもそう簡単に自分は変えられない

自己嫌悪の期間はいるんだろうかという考えを持ったのは、あくまで他人の話である
わたしは多分あった方がいいと思うけど、他の人はどうなんだろうと
自分を嫌いになったことがない人は無いだろうし、後悔しない人も無いかもしれない
そんな人がいるかどうかは別の話として
なんか本題に入ったばっかりなのに何が言いたいのか分からなくなってきた
いつもこんなんだ、まったく

まぁ一般論として自己嫌悪くらいみんなあるだろうけど、それが前向きな自己嫌悪じゃなかったら必要ないのかもしれない
ってわたしは思ったのかもしれない
わたしが前向きかどうかは別の話として
[ 2012/08/13 23:52 ] | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://elemeena.blog39.fc2.com/tb.php/596-d7f7063e


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。