スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

関西OFF 25日 

起きるとしほさんはちらちらこっちを見てくる
なるべく気にしないようにしながら二度寝する
何度か意識が戻ってはちらちらするとしほさんに声をかけられ起きる


まずはホテルを後にして朝ごはん
予定通り歩いて適当に目についた店に入る
モスバーガーにした
セットの代わりにバーガー二つ頼んだらしほさんに朝からそんながっつりととびっくりされた


歩いてみると分かったけど、昨日の長時間の散歩が今日になって効いてきたらしい
左足の裏と右足の付け根が痛い
あれだけ歩くの大丈夫と事前に言ってたのに情けない
まぁ我慢出来ないほどじゃないのでまだ大丈夫


親の箸も買ってやろうと思い至り、わがまま言って寄らせてもらう
箸を選んでる最中に旅先での初メール
何かと思ったらなんと…
唯一同じ関東から来る予定だったももさんがまさかの発熱で来れない超常現象
ショックを受けつつも箸を買って、スレさんから電話が来てももさんのことと合流のことを話す


とりあえずぽておさんと合流するためにメールしながら待つ
しほさんがアレじゃない?って言うので見てみると、横断歩道の信号待ちでこちらをちらちら見ながら明らかに挙動不審な人物が一人
傍に近寄ってきてもうほぼお互い分かっているのに携帯を弄りだすぽておさん
オフ会終了まで見てたけどぽておさんはリアルでもとてもぽておさんらしかった
何度目を合わせても首を縦に振ってた
常に身体とか首とか動いてるんじゃないだろうか
しほさんのとりあえず止まろうかって発言に吹いた


ぽておさんと合流してからは稲荷大社に行った
しかし雨が降っていたのでサッと見るだけに
わたしは知らなかったが千本鳥居とという名で有名な場所らしい
千もあるわけないじゃん百も怪しいわって思ってたけど、通ってみると確かにあれは相当あるかも
鳥居を潜っていくんだけど、一個一個の合間が凄い狭い
まるでトンネルのようだった
でもやっぱり千は言いすぎなんじゃと思った
奉納すると良いことがあるということで、そうやって増えていったらしい
なので数が固定じゃないので千という表現もまぁいいのかなとも思ったけど
とりあえず鳥居から垂れる水滴が雨よりも大粒でダメージがでかい


帰りにしほさんがたい焼き買いたいのに屋台主がいなくて買えず、いなり寿司で我慢してた
京都にいる間にお土産用の八ツ橋を買っておきたかったので買う
邪魔になるので郵送するつもりで買ったが、コンビニが通りにあらず、そのまま電車に乗り難波へ


話しながら駅に降りて待ち合わせ予定のスレさんを探すが見当たらず
どうやら反対側だったらしく、電話しながら移動
合流
スレさんの身長があまりに高く、わたしの第一声「たかっ」

一緒に合流予定だったぼるさんは、電話しまくっても直接家に行ってインターホン鳴らしまくっても反応なくて捨ててきたらしい
しょうがないのでとりあえずご飯食べに
色々聞かれたのでこってりのラーメンが食べたいと進言

オープンな中華そばのお店に着き、三人はあっさり、わたしはこってりを頼んだ
変にしつこい感じもなく、最後まで美味しく食べられた
店を出たところでコンビニに寄って八ツ橋を郵送する


そこから移動してイゼちゃんと合流
例外的に来れてない人以外はこれで揃ったので、早速カラオケに
カラオケは26日の予定だったけどイゼちゃんは26日が仕事なので、25日やることもないしカラオケをやることに

相変わらずボカロばっかり入れるわたし
周りがわからなすぎるのもアレなので、ちょこちょこ東方やらジャンヌやらXを入れる
でもやっぱりボカロ

スレさんは熱唱系ばっかり歌っていた
修行曲のCarryOnを歌って死んだ後も熱唱系のを入れていて大丈夫かと思った
死んでたけど
歌ってる時の顔をちらっと見てみると本当に辛そうだった 大丈夫か

ぽておさんはアニソンやらJAMやらボカロなど幅広く入れていた
きっとみんなの流れを汲み取って知ってそうな曲を選んだんだろう
色々原曲キー出せとか弄られてて面白かった

イゼちゃんはアニソンだったり東方系だったり
浮舟や凛花も歌ってくれた

しほさんは歌わないのでボーっとしていたけど、時折寝てた
時々目を合わせると何?みたいな顔をされたがアレは寝てた

途中でヴァミさんも入ってきて合流したが、歯が折れたとのことで喋ることも怪しいので歌は無しだった

途中あんま知らんけどって言いながらスレさんが入れたりんちゃんなう!
なぜかわたしもルカ側を歌うことになり、綺麗には歌えなかったが盛り上がった


夕方になった頃にカラオケを出て、予定であったお好み焼き屋に行くことに
並んでいるのを見越して行ったらやっぱり並んでいて、お泊り予定じゃないイゼちゃんとヴァミさんを置いて、先にネカフェの部屋を取っておくことに
泊まる予定なのはわたししほさんスレさんぽておさんなので、離れていたが二人部屋を二つ取った

戻っても並んでいたので待つことに
待っていたら1テーブルが空いたので先に座れる人だけ座って、隣が空きそうなのでまたまたそれを待つことに
外で待つことになったのはぽておさんとしほさん
どういう基準で選ばれたのか謎

しかし待てども待てども隣が帰らない
鉄板を使ってないのにお酒を頼んで盛り上がってて帰らない
2,30分しただろうか
結局反対側のテーブルが空いたので、仕切り枠を取ってそっちを使うことになった

やっと食べられるということで、決めてあったお好み焼き4つと焼きソバ二つ、スジ煮込みと飲み物を頼む
わたしとスレさんはビール、他はジュース
お好み焼きを焼いてもらったがやっぱり作る人によって技量の差があるらしい
お好み焼きが出来る前に牛スジの煮込みが反対側のテーブルに届いたようで、スレさんが取ってくれた
ぐにぐにしてて美味しかった
後からその美味しさに気付き、もう一皿取ってもらった
出来上がってる焼きソバが届き、鉄板の上に乗せられた
イゼちゃんが薦めてくれたので皿に取って食べてみる
期待してなかったのもあるのかもしれないけど、軽く衝撃を受けるくらい美味しかった
お好み焼きが出来上がったようで、イゼちゃんが薦めてくれてチーズと豚肉のを食べた
どれも予想以上に美味しくて本当に美味しいんだと感動した
食べるの夢中でぽておさんとしほさんの様子を確認するのをすっかり忘れてた
ちゃんとお腹いっぱいになったので店を後にする
ちなみに問題のお隣さんはうちらが帰る頃にもまだ居座ってた


わたしがお酒飲みたいってことで真横にあるカクテルバーに行くことに
イゼちゃんとヴァミさんはここでお別れ
入ってみてメニューを見ると滅茶苦茶種類があって感動した
でもいざ頼もうとすると、カクテルが全然分からなく、何を頼んでいいかさっぱりだった
とりあえずぽておさんお勧めのペガサスファンタジー
バナナリキュールのようで、ぽておさんが言ってたとおりジュースみたいだった
次は甘そうなチェリーオレンジ ちょっとお酒の匂いが来た
次にベルベットハンマー カルーアベースらしい
甘かったけど舌が痺れる感覚だった
スレさんはウイスキー系、ぽておさんは同じペガサス
二人とも一杯だけ飲んで寝てた
しほさんはワインベースのとオアシスっていうテキーラベースを飲んでいた
二人が凄く眠そうな(寝てた)のと、お好み焼きでお腹いっぱいだったので、割と早めに出ることにした
でもカクテルバーいけてよかった


ネカフェIN
ぽておさんにお勧めの漫画を聞いたが見たことある漫画ばっかりなので
逆にわたしのお勧めのハチワンダイバーを持ってってあげた
そしてわたしは以前からさぎりんからお勧めされていた勇午って漫画を少し読んだ
交渉人の話で難しかったけど、信頼を得るために命懸けってことは分かった
刺激的なシーンもあって良かったが、4巻辺りまで読んでその日は寝た
[ 2012/03/02 23:53 ] リアル | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://elemeena.blog39.fc2.com/tb.php/588-8c2d56dd


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。