スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

普通じゃ出てこない選択肢 

イヤな自分とサヨナラする方法、という本を買いました
普段は興味を引かれても買うことはないのですが、たまにはいいかと思って買ってみました
内容に期待はせず、自分の中の整理やきっかけにでもなればと思っただけです
以降は、嫌な自分とサヨナラするためにはどうしたらいいか
・・・を書いてるわけではなく、その本の初っ端に書いてあることを見て、わたしが思ったことです


その本には、性格のいい人というのは他人に親切だったり他人に尽くす人のことではなく、ストレスのもとになる「欲、怒り、迷い」などの煩悩が無く、自分の心が綺麗な人を指すらしいです
自分や他人にダメージを与えないことにより、人間関係を豊かにすると
なるほどね、と素直に感心した
でもわたしの周りに置き換えてみるとちょっと違うんだな
なんかあんま詳しく言うと恥ずかしいことも言っちゃいそうだけど
一般的に付き合うならそれが正しいよね
でも人間関係って変動するからさ
相手だって多種多様なわけさ
要するにその人の性質だよね
その人が未熟だろうが熟成されてようが多少なりともある、それが個性
それによって状況に応じては綺麗ごと言うだけじゃダメなときもある
色んな意味でね
・・・まぁこんなこと抽象的に言っても経験したことないと実感が沸かないんだけどさ
わたしも分からないこといっぱいあるし
つまりその人との関係性よ
身近に言うと思い出
知人、友人、知り合い、友達、親友、恋人、ネット友達、○○仲間、色んな言い方あるけど
わたしはそんな言葉では言い表せない関係だなぁって思う人はいる
そういう絶妙だったり深い間柄の相手だと、普通じゃ出てこない選択肢とか出てきたりするわけさ
相手が普通じゃないとなおさら
まぁ何を持って普通なのかは置いておいて
そんなときは自分と相手の世界で、第三者の正しい答えなんて参考にならない場合があるんだよね
間違いだって分かってても、自分とその相手にとっては価値のあるものだったりする
・・・状況や自分がどうしたいのかにもよるけど

と、否定意見を出しておきながら
基本は大事です
基本なくしては、価値ある選択をしても、その後ミスります
この本も、以降も概ね賛同出来るものです
間違ってる!なんて一言も言ってないよ?w
こういう本は、自分を再確認出来るものであり、新たな考えのきっかけにもなりえるものだと思いながら読みます
自分を知ることは難しいことなのです

毎回思うけど、言葉や言い回しの未熟さから、違う意味で伝わってるんじゃないかと心配になる
でも、めんどくさいからあんまり確認しないダメなわたし
ふ、ふん! じ、自分のために書いてるんだからこれでいいんだもん!
[ 2010/11/07 23:48 ] | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://elemeena.blog39.fc2.com/tb.php/507-15e2e1c2


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。