スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

時間を無駄にする感覚 

ちょっと考えてみました
わたし的に時間が勿体無かったと思うのは、ふと考えても何も残らない時間を過ごした時…かな?
つまり自分にとってなんの意味もなさなかった時間
一概にはいえないかもしれないけど
楽しい=無駄にしないじゃないって言ったけど、やってる時は楽しく感じても何も残らないんじゃわたしは無駄だったのかと思いふける



すぐ思いつくのはやってる人には悪いかもしれないが、ROだ
わたしはソロの楽しさを見出せなくなってからはずっとPTでしかほとんど動かなかった気がする
Gvをやってたり、PTで役に立ちたいという気持ちが強ければもう少しソロをしていたのかもしれない
別にRO自体を拒否してるわけではない
ただわたしはそういうことでソロを毛嫌いしていたのだと思う
孤独が嫌いという性質のせいでもあるが

議論・・・というかこういう話をするとき、よく0か100かという感覚で話してしまう人が多い気がする
この場合は、時間を無駄にしたという例を挙げると100%それが悪いみたいに聞こえてしまう
しかし実際は0か100かということは稀で、無駄にしたと感じてもまったく意味が無かったというわけではないということ
もうちょっと有意義に使いたかったなという感じか
まったく、相変わらず分かりにくい話をする
要するに0か100かというはっきりした話ではないのだ
わたしの感覚の中では

結局のところ、刺激は大事だと言うことだろうか
[ 2007/02/19 18:52 ] | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://elemeena.blog39.fc2.com/tb.php/186-189cf78f


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。