xxxHOLiC 

『xxxHOLiC』という漫画を読んでいます
これは前に説明した『ツバサ』という作品とリンクしており、同時に連載されています
ただしこっちは週刊ヤングマガジン

なんらかの対価を払って望みを叶える店をやっている、侑子という凄い力を持った女の人のところに、アヤカシが見え、アヤカシを引き付けてしまう主人公の四月一日(ワタヌキ)がふらっと吸い寄せられて、アヤカシを引き寄せる力を無くしたいという願いに見合う対価を得られるまで、その店でバイトをするという話です
なんかずらずらと書いてしまいましたが

『ツバサ』のシャオラン御一行を異世界に飛ばしたのはこの侑子さん
次元の魔女とも言われてるらしいですが、もちろんこのときも色々と対価を払ってます
でもそれはまた別の話



今回読んだのは四巻
主人公たちの日常にたまたま関わってくる仲のいい双子
外見がそっくりな、割と明るい妹と、割と暗い姉が出てきます
姉は失敗しちゃったらどうしよう、わたしと妹は全然違う、やっぱり・・・、と繰り返します

侑子さんはワタヌキに言います
「イキモノはね 色んなものに縛られているの
 自然の決まり事 時の流れ カラダという名の器 心という名の自我
 それはすべてのイキモノに共通する鎖
 でもね、ヒトにだけ使える鎖があるのよ」

侑子さんから色々聞いたワタヌキはお姉さんを助けてあげようと思い、ポジティブに考えるよう
言葉は少なけれども一生懸命助言します
すると姉は次に会った時に見違えるように明るくなっています
しかしよかったと思ったのもつかの間
次に会いに行った彼女のバイト先で、以前のように暗い雰囲気に戻っていました
仕事中に妹が「お姉ちゃん、カップを落としちゃダメよ」というと、姉はカップを落とし、
「だからバイトなんて無理だって言ったのに」と続けざまに言います

侑子さんが言っていた鎖は『言葉』
そして言葉は、他人をも縛るんだとワタヌキは気付きます
「水仕事していたら傷も塞がらないし」と言われると荒れている手から出血する
「どうしたの!? また怪我したの!? ねえ。やっぱりバイト辞めたほうがいいわ。
 お姉ちゃん知らないヒトと話すのも苦手でしょ? 接客は無理よ。
 それにほら、前に喫茶店でコーヒーこぼされて足に火傷したでしょ?
 またあんなことになったら、今度は痕が残るかも・・・」
頭の中で言葉がめぐっているのか、がくんと膝を付き、うなだれます
妹は悪気があって言ってるのではなく、姉を思って言っています
しかし・・・

そこになぜか侑子さんが現れます
「『出来ない』『無理』 そう言っておけば、言われておけば、出来なかったときにラクだものね
 アナタにとって今のこの状態がシアワセなら、そのままでもいいのよ
 でもね
 今のラクさは『きっとうまくいく』と言って本当に出来たときの喜びより大事なもの?」

姉は涙を静かに流します
そして、『変わりたい』と思い、願います


この漫画不思議系なので、説明足りない部分もあって上手く伝えられてないかなぁと疑問です
結果的に彼女は自分の道を進み、明るくなってよかったのですが、言葉って言うのは怖いものです

ワタヌキがお姉さんのコンタクト探しを手伝ったら「きっと見つからないと思います」と言い、
そして見つからなかった
映画館に行って嫌なことがあると「早く出たいな」と呟き、いつの間にか頭から出血していて、
映画館から出ることになった

間違いなのかそうなのかはわたしには言えません
状況によって違うと思いますし
しかし自分を動けなくなるほど縛ることでもし幸せを逃してしまうなら
アナタならどうでしょうか

動けなくなるほど縛っていませんか
そして他人に縛られていませんか
世間の常識というのもそうなのかもしれません
わたしも怪しいものです

こういう精神的な問いに
明確な答えは無いのかもしれませんね
[ 2005/12/26 04:37 ] | TB(0) | CM(1)

でもやっぱりあんまり辛いと縛りたくなっちゃうよねぇ
[ 2005/12/27 02:02 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://elemeena.blog39.fc2.com/tb.php/11-26fc88f5