FC2ブログ












スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

2018年3月20日 

クリが旅立ってから一ヶ月が経った
個人的な感覚としてはぽっかり空いた穴はじょじょにだけど違和感無くなって来た
けど傷はまだまだ残ってる感じ
この傷は癒えていくだろうけど、一生付き合っていくような気がする

皮肉なのか、クリが居なくなってから随分部屋が綺麗になった気がする
でも未だに餌と水を片付けられていない
新しいのに取り替える度になんとも言えない気持ちになる
スポンサーサイト
[ 2018/03/20 18:37 ] リアル | TB(0) | CM(0)

2018年3月4日 

夢はあまり見ないのだけど、二回くらいクリの夢を見た
一回目は視界がぼんやりしてたけど、いつもいる場所に手を伸ばすと暖かいクリの感触があったから、これは夢なんだと実感しながらずっと抱きしめてた
二回目はただただボーっと眺めてた気がする


ゲームする時間も結構増えてきたし、もう立ち直ったと思うこともあるんだけど
些細なきっかけやお風呂中とかに思いを馳せてしまう

最近は辛そうにしていたクリや、死ぬ寸前のクリ、死んだときのクリなどを考えてしまう
辛そうにしていた時に鳴いた声も、どういう気持ちだったんだろうと考えてしまう
時には命とは何か、宇宙とは何かまで考えてしまう
ずっと一緒にいて、大抵のことは何を考えてるのか分かったけれど、あの時クリが何を考えていたのか何を伝えようとしてたのか
答えの出ないこの疑問は一生付きまといそうな気がする

クリの色んなことに関して、結論を出して少しだけすっきりすることもあるのだけど、結論を出したはずなのに何故かそのほとんどがまた疑念として沸いてきて、答えが出ないものばかりだ


わたしの誕生日は2月27日なんだけど、病院で診てもらってから、せめて誕生日まで生きていて欲しいって強く思った
でもクリは急激に弱っていって、その様子や状態を考えると、凄い頑張っていたように思う
凄い頑張ったねって言ってあげたし、クリがいなくなってからもそれは思う
ポジティブに考えれば、誕生日が非常に暗い気持ちにならなくて済んだのかもしれないとも思う


仲良くしてくれている友達の中に、犬を飼っていた兄弟がいるのだけど、非常に心配してくれている
その兄弟が犬を失った時の衝撃と落ち込みようは、比べるものでは無いのかもしれないけど、きっとわたしより大きいものだったように思う
たまにLINEするのだけど、LINEをするたびに泣かされてしまう
皮肉なことに、わたしもクリを失ったことで彼の感覚を少し共有出来るようになった
言葉にしない部分も伝わってきて、非常に意義深い会話だと思う
色々考えさせられる


クリの餌と水はまだ残っている
[ 2018/03/04 11:25 ] リアル | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。