2018年2月24日 

餌を食べなくなったクリに、色んな餌を買ってきて試して、おやつさえも食べなかったのを見てこれはもう何も食べないと思った
部屋には食べなかったドライフードやチューブ型の餌がかなり残っている
脱水症状を少しでも良くしようと買ってきたポカリやOS-1も結局残っちゃったなぁ


トイレとかは洗って仕舞ったけど、未だに習慣で新鮮な餌と新鮮な水を置いてしまう


たまたま他の人が買う猫の砂を目にしたけど、羨ましさもあり、なんとも言えない気持ちもあった


抜け毛すら愛おしく思える
[ 2018/02/24 23:50 ] リアル | TB(0) | CM(0)

2018年2月22日 猫の日 

2月22日は猫の日
雪が少し降っていた
朝10時半頃に火葬してもらった
猫の日だって知ったのは火葬してもらった後だった

20日、クリが動かなくなってからは、死後硬直が起こる前に二度抱いた
濡れたタオルで体を拭いて、目を閉じさせた
それからはあんまり動かすのも可哀想かなって思って、それでも気付くと軽く撫でたり、顔を触ったり、耳を触ったり、櫛で解かしたりしていた
保冷剤のせいもあるだろうけど、撫でると冷たかった
何度も名前を呼んだり、語りかけたりした
クリの餌や水の容器を綺麗にして、新しい餌と水を置いた

20日の夜に綺麗にしたトイレケースからダンボール箱に移した
保冷剤を敷いて、バスタオルで全身を包み、箱の上にも保冷剤を乗せた
朝夜で保冷剤を変えて、二日間わたしの部屋で一緒にいた

22日の朝、保冷剤を取って、最後にまた櫛で軽く解かした
生前ほとんどあげなかったおやつ、美味しそうに食べていたものをペーパーに包んで入れた
バスタオルの上からお花をいっぱい置いた
親も泣いていた

火葬場に行き、お金を払い、前の人を少し待って、最後のお別れをした
心の中で長い間ありがとう、好いてくれてありがとうと言った
最後の最後は姿を見なかった
わたしの中にいると信じて

火葬は40分くらいだった
ソシャゲーでもして時間を潰そうかと思っていたのに、親の車の中で火葬場を眺めてる間にいつの間にか40分過ぎていた
クリの骨を確認し、箸で骨を掴み、用意していた缶に入れた

保冷剤で冷たくしてたり、雪の日で寒かったので、家に帰って暖めてあげようと思った
帰ってきてから二日間付けなかったハロゲンヒーターのスイッチを入れて、クリを餌と水の傍に置いた
[ 2018/02/22 13:14 ] リアル | TB(0) | CM(0)

2018年2月21日 

今までの人生で一番悲しい死
それは逆に言えば幸せなのかもしれないけど今は重く圧し掛かる

餌美味しかったか?
もっと構ってあげれば良かったね ごめんね
病気もっと早く気付いてあげれば良かったね ごめんね
病気でだるかったり、栄養や水分を満足に取れなくて辛かったね
ゆっくりお休み

撫でると冷たい毛が印象的だった

生きていた頃、クリちゃん可愛いって何百回何千回言ったか分からないくらい言った

未だに寝るとき部屋の電気を消してベッドに横たわると、バッと登ってくるクリの気配がしてならない
横を見て居ないと足先に寝てることがほとんどだったので、手を伸ばすと居る気がしてならない
布団をめくるとそこに寝ていて、こっちを見てくる気がしてならない

でももういない
箱の中に静かに横たわっている


本当に本当にわたしを好いてくれてありがとう
それは本当にとっても嬉しかったこと
一生忘れない
[ 2018/02/21 13:22 ] リアル | TB(0) | CM(0)

愛猫 クリが逝った日 2018年2月20日10時半頃 

ウチには16年間一緒にいた猫がいました
名前はクリといいます
クリスティーという名が本来の名前ですが、それを思っているのはわたしだけです

親が突然家に連れてきたのを少し覚えています
[ 2018/02/20 16:22 ] リアル | TB(0) | CM(0)