また期待の話 

孤独と戦うのは結構大変だ

一人でいるときは負の感情が出てこないような趣味に時間を費やすといい感じ
でも続けると、それについて語り合いたい相手が欲しくなる
そしてグループにいるようになると、次第に何かしら期待値が高まる
期待があるということはそうならなかった場合負の感情が出てくるということになる
わたしは伝えてもいい方向に行かないことは出さないようにしている
それでも個人的には結構出ちゃうことがあり、自分の幼さに後悔するのだが、人というのはそんなに周りを見ていないのでばれないようだ

グループによって全然違ったりするのでこのパターンばかりじゃない
やはり期待してしまうほど好きな相手がいると、わたしの感覚は狂ってしまうようだ
表には出さなすぎてポーカーフェイスとか言われるが、内心は感情の起伏が激しいと思う
激しさで言ったら勝てない人もいっぱいいるが、外と中のギャップは激しいと思う

この期待と一生戦っていくことになるだろうなぁ
流石わたしの人生の課題テーマである
[ 2015/07/11 21:25 ] | TB(0) | CM(0)