スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

結果が出来すぎてる 

友達とゲーセンに行くことになって、行ったんだけど
暇潰しにアブノーマルチェックとかいうゲームがあって
友達がやりたいって言うから性格編ってのやってみたら
結果のゲージがアブノーマル側に振り切っててびっくりした

超アブノーマル人間
ノーマル得点 -337点
ノーマル順位 100人中100位
少数派回答数 7/10問
世間様同意率 40%
逸材度 40万人に1人の逸材

何なのこれ
しかもこれ1問時間切れで点数変動無かったし
しかもそれ選ぼうとしたやつ少数派だったし
友達は普通に750人中1人とかなのに
わたしそんなアブノーマルじゃないよ
そもそも少数意見を選ぶとアブノーマル側に行くとか、もう信憑性ないよね
スポンサーサイト
[ 2012/08/27 22:44 ] 判断テスト | TB(0) | CM(2)

だらん 

最近充実してるような充実してないようなそんな毎日
あなたは如何お過ごしでしょうか
[ 2012/08/23 21:49 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

自己嫌悪の期間 

人生には自己嫌悪の時間は必要なのだろうか


時間というより期間か

わたしはなるべく後悔しないような行動を取っているつもりではいるけども
結局つもりなだけであって、先も分かるわけもなく
つまりは何かをやらかして自己嫌悪に陥る期間が存在する
そのほとんどは周囲に分からない程度の失敗だけども
わたしからしてみたら後悔の念が消えないような、いやだからこそ自己嫌悪の期間というものが存在する

一応反省しているつもりではあるから、その自己嫌悪の時間は自分を見つめなおすのに大事だと思っている
でもそれはわたしの世界だから、自分で勝手にそう思ってるだけ
わたし的には自己嫌悪はいいと思っているけれども、いらないかもという考えは今まで無かったので新鮮だった

基本わたしは、他人からわたしは好かれるのか疑問に思うけれども、わたしから見たわたしは好きだ
ダメな点を自分で分かっていながら好きなんだろうけど、ダメな点はやはりダメな点である
自分を変えるのはかなり大変なことで、ふと思ったから変わるなんてことは無いと思う
自分の本能というか、心の奥底というか、深い部分で感覚的に分からないとまずダメな気がする
基本的には自分を見つめなおし、ずっと考えて、理解して、本気でそうなんだと思ったところが自分を変える入り口なんだと思う
ということからわたし的には自己嫌悪の期間は嫌だけど、自分を変える促進になると思うし
そこまでやってもそう簡単に自分は変えられない

自己嫌悪の期間はいるんだろうかという考えを持ったのは、あくまで他人の話である
わたしは多分あった方がいいと思うけど、他の人はどうなんだろうと
自分を嫌いになったことがない人は無いだろうし、後悔しない人も無いかもしれない
そんな人がいるかどうかは別の話として
なんか本題に入ったばっかりなのに何が言いたいのか分からなくなってきた
いつもこんなんだ、まったく

まぁ一般論として自己嫌悪くらいみんなあるだろうけど、それが前向きな自己嫌悪じゃなかったら必要ないのかもしれない
ってわたしは思ったのかもしれない
わたしが前向きかどうかは別の話として
[ 2012/08/13 23:52 ] | TB(0) | CM(0)

色んな人 

気付いた時くらい更新しようと思ったブログでございます

凄い楽しいことがあると少し楽しいことでも物足りなく感じてしまうから恐ろしいものです
人の幸せ不幸せの度合いは他人を見て測りますが
いくら幸せでも常に同じことの繰り返しだと満足出来なくなるというのはこのブログでも何度も言ったような言わなかったような

というか自分のブログながら、過去に何を書いて何を書いてないのかが把握しきれてませんが
更新度低いって言っても長く続けると多いものですね

わたしの知り合いの中には、毎日同じことの繰り返しで幸も不幸も感じてる人がいれば、幸も不幸もイベント盛り沢山な人もいます
本来比べるものではありませんし、比べるべきではないかもしれませんが
そうして比べてみると、喜怒哀楽の度合いがだいぶ違うように感じます
はたしてどちらが幸せなのか
どちらにしても、自分は自分の道があるということ
自分の道からは選べるけど、外れ過ぎた道は選べない
要するに人によっては平穏がいいと思っていても選べなかったり、刺激が欲しいって思っていても選べなかったりするものです
自分の中では変えられるけど、他人を見てそれと同じには出来ない
一見同じようですが、他人はやはり自分とは違う

・・・なんでわたしはこんなことを書いているんだろう
そう、楽しいことがあったのです
でもそれは儚い
楽しいことは儚くて難しいものですね
それでもわたしは最近不幸じゃないと思います
やらなきゃいけないことを軽くスルーしてますけどね

なんで横道逸れるんだろ
[ 2012/08/08 00:29 ] | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。