のののののの 

すいません
リアルタイムで厨二病が出てしまいました
すぐ次の記事書く予定だったのに、なんか管理者画面入れなかったしww

最近趣味で物書きに目覚めそうなので、それっぽく書いてみました
わたしはきっと隠れナルシスト
まぁ目覚めそうとか言っても、目覚めませんけどね
[ 2011/02/26 20:13 ] 雑記 | TB(0) | CM(1)

おつかれさま 

プシューと電車のドアが開く音がした
わたしはそれまでゆっくりと読んでいた本をパタンと閉じ、立ち上がる
おつかれさま、わたし
『おつかれ』なのかい、自分が選んだことなのに
別の声が頭から聞こえる
でも辛いってことは何かがあるんだろう?
分かっているよ、そんなことは
それも抽象的に、でしょ?
色んな声が頭の中をかき回す
夜風に浸りながらわたしは別の世界にいた
それを言ったところで傷つくのが分かってる
それならこの気持ちは誰に当たればいい
自分の世界で消化するしかないのさ、じっくり味わってね
皮肉にしか聞こえない答えしか返ってこなかった
[ 2011/02/24 20:59 ] | TB(0) | CM(1)

人の関わりと孤独と期待 

人は一人じゃ生きられないのに、孤独である
分かる人には分かるけど、分からない人には分からないこの矛盾
これはいったい何を指すのか
要するに期待との相談である
これがなかなか非常に難しい
わたしにとっては最高難易度の問題であり人生の敵である
[ 2011/02/20 20:36 ] | TB(0) | CM(1)

なにもおもいうかばない 

ブログに何書こうか、今日一日たびたび考えてたけど・・・
全然思いつかない!
どうしろと

超私信だけど
とりあえずここさんは何者なんでしょうか
ブログやってるのかな?
ゲームはあれをやってるみたいだけど、まさか同じ鯖じゃないだろうしなぁ
偶然ここに辿り着いたってgoogleで引っかかったのかな・・・w
どんな引っかかりを・・・(;´ー`)
いつも褒めてるけど、わたしはそんなにいい人間じゃないですよ
[ 2011/02/18 00:30 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

ある意味まったりモード 

さて、またブログをサボり始めたわたしです
最近思ってることは、大切に思ってくれる人、大事にしてくれる人、ちゃんと見てくれてる人、忘れずに接してくれる人、そういう人にわたしが出来ることをしたいってことです
わたしは性格上、どちらかと言うならば広く広くと付き合ってきたと思います
なぜそっちの方が良かったのかはまた別の話として
長く付き合ってると、その人がどの程度わたしのことを考えているのかが大体分かります
態度に表れてるのはもちろん、現れにくかったり理解しにくい人も、意外と手を伸ばしてたり
極端に言うならば、簡単に話せる、話すきっかけがあるってだけで時間を使うよりも、自分から赴いてでも他にもっと接すべき人がいるのではないかということです
簡単に書きましたが、上に書いてあるいくつかのことは実はとても難しいことで、気付けなかったり動けなかったりすると思ってるので、やはり自分や環境を見直すのは大事だと思うと同時に、きっかけがあるのは素晴らしいことだと思う今日この頃であります
[ 2011/02/17 01:07 ] | TB(0) | CM(0)

パッパッパラッパパパラパー 

まったく、ボーカロイドに関わると時間がいくらあっても足りないね
とりあえずパンダヒーローやばい



以下私信
[ 2011/02/09 00:33 ] | TB(0) | CM(1)

相談されたときの注意点 

わたしはたびたび相談を受ける
とは言っても、わたしは相談というより聞いているだけのことが多い気がしないでもない
それでも少なくても相手の頭の整理にはなってると思うけど…

そんなわたしだけど、色んな相談に乗ったり相談したりすることによって少し分かってきたことがある
それを書いてみようと思う
大したこと書いてないのに長いのでお暇な方や興味がある方はどうぞ
[ 2011/02/05 23:30 ] | TB(0) | CM(1)

色んな雰囲気を味わった 

知り合いのところに泊まりに行った
なんの変哲もない休日の過ごし方みたいな時間だったが、それでも意味はあった
また一つ特別な経験になった

母方の祖父の一周忌をやった
みんな黒服で集まって準備したり話をした
わたしはあんまり話をしていないが、周りを見てまた一つ世界を知った

ネット知り合いのOFF会に行った
というかいつの間にか幹事になってた
ほとんど食事して話しただけだったが、初めて会う人もいたし、新鮮だった
また一つ知り合いの雰囲気を見た

別の場所で平穏な日々を送った
TVを見る機会があった
何もない外国に行く話を見た
わたしのその時の平穏以上に平穏な日々があった
というか何もない生活だった
魚を取ったらボーっと海を一日眺めることもよくあるそうだ
そんな生活送っていたら、心の波や考え方がまったく変わるんだろうなと思った
人生、何が幸せか分からない

知り合いがいない世界に入った
シンと静まり返った誰もいない空間
外を歩いても音も無い
妙に清々しい気持ちになった
でもそれは有限だと思っているから持てる余裕
また一つ考えを知れ
[ 2011/02/03 00:31 ] | TB(0) | CM(0)